茶道裏千家淡交会青年部 近畿第一ブロック

mail : kinki.seinen.1@gmail.com
青年部紹介 2017-2018

滋賀青年部

滋賀も一つの青年部となって5年目を迎えます。前任の方々がまとめてこられた青年部を軌道にのせて、スムーズに走ることができるよう役員の皆と考えていきたいと思います。 旧青年部は竹生・水の郷・比叡の分会として地域の行事も大切に続けております。連絡網や広報などで、会員同士がお互いに親しく交流できるよう目指していきます。 また、今年度のブロック研修会を滋賀でさせていただくことになっております。会員一同、皆様のお越しをお待ちしております。

滋賀青年部部長 日時真起子

  滋賀
 
 
 

奈良青年部

noburabucho1 奈良青年部は現在158名で活動しており、地域で3班に分かれております。昨年は班で行う小寄せ茶会、合同で行うBBQ懇親会、さかい利晶の杜への見学セミナー等を行いました。会員の皆様と楽しく学べる青年部を目指しております。毎年5月3日の東大寺献茶式では回廊で施茶席を(平成29年度は回廊工事の為、青年部施茶席はございません)8月13日・14日には大仏殿前で呈茶のお手伝いをしております。奈良へお越しの際にはどうぞお立ち寄りください。

奈良青年部部長 野村秀和

IMG_3936
         

京都東青年部

higashi1 当京都東青年部は会員数64名と、京都4青年部の中では最も少ないメンバーではありますが、会員同士、「顔の見える青年部」としてアットホームな雰囲気の中、和気あいあいと活動しています。このチャームポイントを活かし、様々な行事を展開しています。特に毎年恒例となります京都壬生老人ホーム慰問事業は、青年部員が人生の先輩である施設入所者とお茶を介した交流から得られる茶の湯の本来の姿や、「お人」との絆を知る上でも、当青年部の中で大きな意味を持つ慈善事業となっています。これまで諸先輩方が築いてこられた実績を基とし、さらに百尺竿灯に一歩を進め、多くを学べ、そして楽しい青年部を目指して参りたいと思います。

京都東青年部部長 西村俊美

ひがしHPひがしFAEBOOKhigashika

 

京都西青年部

京都西青年部は、200名を超える仲間と一緒に、
今年のテーマであります、Let’s茶練路~一緒にお茶をしましょう!~を合言葉に活動しております。
今年は、メンバー全員が、お茶に親しめるよう各委員会担当のお茶会を年4回開催します。
季節ごとにお茶会を催すことで四季を感じ、日本人でよかった。
また日本に来てよかった、青年部入会してよかったと感じて頂ける機会になればと考えております。
お茶を通じて自らを高める修練、地域社会への奉仕、会員間の友情を、共に一路を歩みたい。
 Let’s茶練路~一緒にお茶をしましょう!~京都西青年部でした。
京都西青年部部長 三木崇司
にし
 

京都南青年部

minamibucho
京都南青年部は現在120名で活動しています。今年のスローガンを「一瞬を一生の絆に!!~めざせスリープZERO~」とし、会員満足度の高い青年部の実現と、新会員が積極的に活動し、何より参加率を上げることを目標にしております。年間を通して研修会、納涼会、 お茶会、納会などの行事を行い、大寄茶会には会員皆で意見を出し合い、お客様に満足いただき、又会員自身も楽しめることを意識しております。今年度もブロックと連携し、楽しく勉強できる青年部を目指します。

  京都南青年部部長 金谷五良三郎

南   minami

京都北青年部

kitamurabucho
私たち京都北青年部は現在100名弱が所属しており、家元のお膝元で日々研鑽を積んでおります。今年より2年間「魅力ある団体へ 〜学びの場としての青年部〜」というテーマを掲げ、学びの場であるということを再確認し、皆が自身の長所を活かせるよう、また一人でも多くの方に行事に参加していただきたいと考えております。今年も会員がそれぞれ思い思いのアイデアを企画して、お茶会や作り物教室などを開催していく予定です。楽しい青年部活動になるように、部員一丸となって取り組んでまいります。

京都北青年部部長 北村 直史kyotokita

宮津青年部

宮津青年部は京都府北部の宮津市、京丹後市、与謝野町在住の会員を中心に活動しています。昨年は支部創立70周年、青年部創立50周年を迎えることができました。今年度は「お茶に親しむ喜びを分かち合おう」をテーマに、51年目の一歩を踏み出します。4月には、昨年6月のブロック研修会でおこなった「漆塗り」を現地で体験する勉強会を計画しています。18名と少ない会員数ですが、和気あいあいと、会員一人一人が満足できる活動をしていきたいと考えています。

宮津宮津青年部部長 吉岡 綾

 

両丹青年部

両丹青年部は京都府北部、舞鶴市、綾部市、福知山市からなっております。 舞鶴は海に囲まれ、綾部、福知山は山に囲まれています。 毎年、一回お茶会をすることが大きな行事でして、この地方ならではの会場でしております。 昨年は、舞鶴で、昔の海軍東郷平八郎元帥が別荘として使用していました、聚幸庵におき実施しました。最近『海賊とよばれた男』の撮影場所でもあり、濃茶席はその雰囲気を利用して暗い落ち着いた席に、薄茶席においては明治時代の華やかな感じを演出し、来ていただいた方が和やかになる場となりました。 両丹青年部は、このような行事を通じて、会員一同、自分自身が文化を見て、触れて、感じれる場です。

両丹青年部部長 衣川 充洋

IMG_7117 IMG_7109

 
                       

但馬青年部

但馬青年部は、自然豊かな兵庫県の北部で34名の会員で活動を行っております。 今年度のテーマは「青年部を楽しもう。お茶の心でつながろう。」です。部員が行事に参加して「楽しかった。次も参加しよう」と感じられるように。行事を通して様々な出会いや発見を楽しむ。一人一人が自分の役割を持ってチャレンジできる青年部を目指します。主な活動として老人ホームでのお呈茶、親先生のお茶席の添え釜を毎年させていただいており、隔年に行われる親先生、OBをお招きする研修茶会は全員参加を目標にしております。部員一同、心を一つに進んで参りたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

但馬青年部部長 井上 智美

但馬
  tajima1 tajima2      

過去の部長・青年部紹介

2015-2016